英会話のスピーキング上達は要領が全て!日常会話の使えるフレーズや独学練習法のコツについて

英会話のスピーキングを上達させる最短の方法を解説しているサイトです。日常会話の使えるフレーズや独学練習法のコツ、おすすめ英語教材『プライムイングリッシュ』の口コミや評判など。

英語のスピーキングの練習は一人でできる?

time 2017/11/11

英語のスピーキングの練習は一人でできる?

・英語のスピーキングの練習は一人でもできる!

英語を上達しようという時に、ライティング、リーディング、リスニングに比べるとスピーキングは後回しになりがちだと思います。

その理由は、スピーキング以外は一人でも勉強できるけどスピーキングは話す相手がいないと出来ないと思っている人が多いからだと思います。

たしかに英語のスピーキングの練習は誰かと話すことが一番だと思いますが、英語を話す相手がいないという場合でも一人で練習することもできます。

スピーキングだけ後回しにしてしまうと、英語をある程度できるようになったのに全然話せないという状態になってしまうので、スピーキングの練習をやってないという人は、一人で行える練習を知ってしっかりと実践していきましょう。

 

・一人で行なうスピーキング練習法

一人で出来るスピーキング練習法は意外とたくさんあります。そのなかでもおすすめの練習法をいくつか紹介したいと思います。

「独り言で状況を説明する」
一人でいるときに、その場で起こっている状況を英語で言ってみるというのもスピーキングの練習になります。

アナウンサーが実況中継をしているような気分で

・犬の鳴き声が聞こえてきた
・友達からメールがきた
・雨が降ってきた

というような現在の状況を英語で説明していくのです。外にいて周囲に他人がいる時に独り言は難しいかもしれませんが、その場合でも周囲に聞こえない程度にささやいたり、頭の中で実況しましょう。
実況に慣れてきたら、「雨が降ってきた」というだけではなく、「雨が降ってきた、洗濯物を外に干してきたのに…」と自分の気持ちや考えなどを足していきましょう。

「ニュースを見て感想を英語で述べる」
ニュースを見ていると、

・ひどい事件だな
・この犯人、許せないな
・その主張は違うんじゃない?
・来週台風くるのか

などいろいろな感想が出てくると思います。それを英語でつぶやくというのもスピーキングの練習としてすごくおすすめです。

このように、スピーキングは一人で練習することができますし、工夫すれば、日常生活を送りながら練習することができるのです。

状況を説明したり、感想を述べたりするときは、完璧に言えないとダメだと思いすぎると言葉が全然出てこなくなるので、文法など多少間違っていても言いので、とにかく口に出してみるということが大切です。そして後で英語の勉強をする際に、今日上手く言えなかった表現あったよなと思い出して、正しい表現を調べていくと良いでしょう。

 

 

 

こちらの記事もぜひご覧ください。

【最強に使える!】英語スピーキング学習のための超おすすめ教材

 

 

英会話 スピーキング コツ 上達方法

英会話 スピーキング フレーズ 暗記

英語 スピーキング 上達しない

英語 スピーキング 伸びない

英語 スピーキング 練習

最近の投稿