英会話のスピーキング上達は要領が全て!日常会話の使えるフレーズや独学練習法のコツについて

英会話のスピーキングを上達させる最短の方法を解説しているサイトです。日常会話の使えるフレーズや独学練習法のコツ、おすすめ英語教材『プライムイングリッシュ』の口コミや評判など。

英語のスピーキングが伸びない原因はこれだった!

time 2017/11/10

英語のスピーキングが伸びない原因はこれだった!

・英語のスピーキングが伸びない原因

英語を学習している人のなかにはスピーキングが伸びなくて悩んでいる人もたくさんいると思います。長期間留学に行ったのにほとんど話せない人、長年英会話スクールに通っているのに上達している気がしないという人も結構いるのではないでしょうか。

日本人の多くが英語のスピーキングが伸びない原因はいろいろ考えられますが

・アウトプットの練習が圧倒的に少なすぎる
・アウトプットのやり方が間違っている
・できないというイメージが出来上がってしまっている

のどれかに当てはまっている人がほとんどではないでしょうか。

まず、アウトプットの練習が圧倒的に少ない人というのは、テストやTOEICなどの点数はとれるのにスピーキングが苦手という人や、ある程度頭では理解しているつもりなのに、思うように英語が出てこないという人に多い原因だと思います。

特に日本にいて一人で学習する場合は、ライティングやリーディング、リスニングの練習に比べてスピーキングは意識して練習する機会をつくらないとアウトプット不足になってしまいます。

また、日本人に多いのが、英語を話せないというイメージが出来上がってしまっているのも大きな原因だと考えられます。多くの日本人は英語を話すのは難しいというイメージをもっている状態で学習を始めると思います。

このイメージは学習を始めてからも潜在的に残っているため、英語の学習を始めて、分からないとか上達していないと感じると、やっぱり自分は英語を話すなんて無理だと思うようになりやすいのです。

 

・英語のスピーキングの正しい伸ばし方

まず、アウトプットが不足している人は当然アウトプットの練習量を増やしていく必要がありますし、正しい方法でアプトプットを行なうことがスピーキングを正しい伸ばし方になります。

例えば、アウトプットの方法としてシャドーイングを行っている人も多いと思いますが、シャドーイングを行っている英文や単語の意味が分からないままシャドーイングの練習をしている人はいないでしょうか。

シャドーイングは英文や単語の意味も分からずただ単に後からついて発声していても思うような効果を得ることはできません。このようにアウトプットの練習もしているのにスピーキングが伸びていないという人はアウトプットの方法を見直してみるべきでしょう。

また、英語が出来ないというイメージは、一気に改善しようとすると脳が拒否反応を起こしてしまいます。それは脳が大きな変化を嫌うからです。なので、英語に苦手意識をもっている人は、小さな成功イメージを積み重ねて徐々に自分は英語が話せるというイメージを作っていく必要があります。

 

見なきゃ損!英語のスピーキングの学習におすすめの映画7選

 

 

 

英会話 スピーキング コツ 上達方法

英会話 スピーキング フレーズ 暗記

英語 スピーキング 上達しない

英語 スピーキング 伸びない

英語 スピーキング 練習

最近の投稿